卒業式の伴奏

今日はお母さんモードでブログを書こうと思います。
写真もなく、いつもとテンションが違いますがお許しください。

もうすぐ息子が帰宅します。
どんな顔で帰ってくることやら・・・なんだか私はソワソワ落ち着きません。
なぜって
今日は息子の小学校で、卒業式の伴奏者を決めるオーディションの日だから。
昨夜は深夜12時半まで練習してました。
今朝も30分早く起きて練習してから家を出て行きました。
こんなに努力して、もしまた2年前のように落とされたらなんて声かけたらいいんだ…

5枚もある伴奏譜。特に簡単ではなく、私からすれば普通の難易度。
普通と言えども、小学生からしたら難しいだろう。
まして「競う」のだから、ミスなく、強弱、ペダリング、完璧に仕上げなくてはいけない。
たった1か月前(いや1か月なかったぞ)に楽譜を先生に渡され、大変な努力が必要である。
しかも候補者は3人。うち選ばれるのは2名。
落とされた1人はどんなにみじめな気持ちになるだろうか。

同じような事が2年前にもあり、
親子で泣いた。

もうあんな想いは嫌だけど、
先生に声かけられても断っていいのに、
息子は「僕はお母さんの息子だから、弾かなければ恥だ」と引き受けた。
「僕がダメな奴だと、お母さんの教室がダメって事になる」
と責任も感じているらしい。
・・・泣ける。卒業式前に泣かせないでくれ・・・

はぁ、、、怖い…帰ってくるのが怖い。

「終わったら、僕お寿司が食べたいな」

うん、予約したよ。
ひなまつりで混んでたけど、無理矢理予約したよ。
カッパ寿司じゃないお寿司屋、もう1年以上行ってないよね気仙沼人なのに。
選ばれたら「おめでとう」会だし、選ばれなかったら「おつかれ」会だね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください