楽しくないかもしれません

進級進学、新学期が始まって少し落ち着いてきましたね。
私の方も年末からずーっと大忙しでした。
教室では3月に発表会も無事終わりました。

発表会を終えて、学年も上がって、
生徒さん達はまた通常レッスンに戻りましたが、
また一段、レベルアップしたように感じます。
お客さんの前で演奏する、という機会は大事ですね。

この時期は新しく習い事を始められるお子さんが多いかもしれません。
私も新しい出会い、大変嬉しく思います。
体験レッスンに来てくださるお子さん、
すごく楽しそうにしてくださって、目をキラキラさせて
私の教室を選んでくださる事はすごく有難いです。

ですが
キラキラ楽しそうにされると、嬉しい反面、私の中では少しだけ不安がよぎります。
そんなに期待しないで…

今日は少し、ネガティブな事を言ってしまいます。

「楽しい!!」んです。はじめは。
でもほとんどの人は何事も飽きるのです。
ピアノは同じルーティンを繰り返して上達していくので、
そのワクワクは持続しないかもしれません。
新しい玩具を開ける時のような楽しさは、最初だけかもしれません。
毎日の練習は「楽しい」より「大変」と感じるようになるかもしれません。

でも続けていくと、
その先に「ピアノが自由に弾けて表現できる」という世界が広がります。
自由に音を操れるようになった時、
ただ音を出して遊ぶだけではない感動が待っています。
何かを習得するという事は、楽しい事だけではないのだと思います。

なにも音大進学をお勧めしてる教室ではないので、
もちろん楽しさは大事にしておりますが、
技術の習得のためには、楽しくない期間も、褒めてあげられずに泣いて帰してしまう日もあるんです。
泣かせてしまった時はごめんなさい。
でも私、声を荒げて怒ったりは絶対にしません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください