私も習い事はじめました

久しぶりの投稿になりました。
相変わらずのコロナ禍の中ですが、
暖かな春の風の中、進級進学されたお子様達は勿論、
私達大人もこの季節は新しい気持ちになりますね(^^)。

私はこの4月から、英会話レッスンを始める事にしました。
いつも海外に行くたびに、「流暢に話せたらどんなにいいだろう…」
と思いながら「いつか、いつか」と勉強を先延ばししていた私。
日々に忙殺されるうちに、何度も誕生日を重ねてしまいました。
ふと、今やらなければ私の人生は外国語を一つも話せないまま終わってしまう…
ハッと気づいたので行動に移すことにしました。

私の先生は日本語を流暢に話せるアメリカ人ですが、私達は英語のみ使うルールです。
レッスンでは先生の言ってる事は分かるけど、
質問されても、質問したくても、
この想いを言葉にできない!!というもどかしさ
…ツライ(笑)。
言ってる事が分かるって事は今まで義務教育含め、沢山の時間英語を勉強してきたからだと思います。
でも「喋る」ことができないのはなぜ?!(T_T)
レッスン終えると「あぁまた上手くできなかった…」という想いと共に「次回までにはもっと勉強する!」という意気込みが湧いてきます。(で、結局忙しくて十分に勉強できないまま次のレッスンになってしまう事が多いのですが)
(^_^;)

レッスンを始めて。
英語のスキルは勿論いきなりアップしたりはしないけど、
でも習い始めた事で、毎日の意識が確実に変わりました。
日々の生活の中に少しでも英語を取り入れようと意識するようになりました。
「あと10分早く起きて勉強しよう」と思えるようになって、毎日が少しシャキッとしました。
先生とのやりとりのメッセージ(英文)も抵抗なくできるようになりました。

そしてなにより、私にとって大きな学びになったのは、
お月謝を頂く事への有難さを改めて感じられたという事です。
私は今までお月謝を頂く方の立場でした。
でもこうしてお月謝をお支払する立場になって気付いた事が沢山ありました。
私の生徒さんはそのお金で、美味しい物が食べられたかもしれない、家族と遊びに行けたかもしれない、好きな物が買えたかもしれない・・・そのお金を私に託してくださるのだから、私はその想いにお答えして最高のレッスンをしなくてはいけないし、数ある選択肢の中から私を選んでくださった事に心から感謝しています。

そんな大切な事に、本当の意味で経験できた、
今年は私にとって本当にいいスタートの春です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

卒業式の伴奏